マメスナギンチャクの色揚げ

通販の写真では、蛍光色が美しいマメスナギンチャクの個体でしたが、実際に購入してみると色あせた個体に見えることがあります。これはLEDのUV光(紫外線)を当てることで写真のような美しい色合いを醸し出すことができるのです。サンゴの色揚げでは栄養フードを利用することや水質の改善等もありますが、ここではUV光での色揚げに着目します。

水槽の自然な環境で色揚げするために、LEDのUV光を照射

サンゴがUV光に当たると蛍光色を発光する個体があります。我が家のアクアリウムでは、マメスナとアワサンゴが顕著です。UV光に反応する理由は諸説ありますが、はっきりした理由はわかっていないようです。また、カメラの光センサーと人間の目は反応する範囲が異なりますので、写真を取ると実際の色と異なることがあるます。UV光は目で見ると深い紫ですがカメラで写すと赤紫に見えます。下の写真はサンゴの蛍光を促進するLEDスポットライトです。

サンゴ用UV(紫外線)LEDの光
LEDのUV光を目で見ると深いブルーに見えるが、カメラでは赤紫になる
サンゴにUV光を当てる
左は、通常のLEDを照射したマメスナの写真。右はUV光の照射でマメスナが蛍光した写真

アワサンゴにUV光を照射する左は、通常のLEDを照射したアワサンゴの写真。右はUV光を照射したアワサンゴの写真

UVや青色だけの光だけでサンゴを飼育することができませんので、システムLEDを使って、フルスペクトラムの光で色揚げを調整します。

サンゴ礁に通常の光と、UV光と、フルスペクトラムの光を当てた比較
左は通常のLEDの写真。真中はUV光でサンゴが蛍光、右はシステムLEDを調整して色揚げ調整

UV光を照射して直ぐに蛍光するアワサンゴや、数時間で色揚げをしたマメスナがあり反応は様々です。サンゴがUV光で色揚げ(蛍光)するのは、与えられた光に合わせて光を吸収(反射)するために蛍光色を発光しているのではないかと考えています。

購入前に見た通販の写真は、カメラにカラーフィルターを付けているので、美しい色を醸し出すことができるようです。フルスペクトラムのシステムLEDでも機種によっては、色揚げが十分にできない場合があります。別に補助ライトとしてUV光のLEDを設置することで綺麗なサンゴになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA