タツノオトシゴ

冷凍ホワイトシュリンプの20倍安いエサ!

❏ タツノオトシゴの餌代

タツノオトシゴを長期に渡たって飼育することができるのは、豊かな生活のステータスでと考えています例えば、大食漢のタツノオトシゴを飼育(維持)・繁殖させるためには、餌の「冷凍ホワイトシュリンプ」や「生き餌」を準備できる経済力と、時間的なゆとりや、飼育知識(インテリ性)が求められるのです。実際にサラリーマンが、タツノオトシゴを長期的に育てることは、それ程大きな負担でもないが、毎日消費する餌代を気にせずに育てたいものです。

❖  アミエビ(アキアミ・アミ)を試す

タツノオトシゴで最も安く与えられるエサは、アミエビです。近所の釣具屋さんで冷凍ブロックのアミエビが、約1Kgが300円強の価格で売っています。冷凍ホワイトシュリンプの1/20程度の値段です。大きさは、ホワイトシュリンプより大きいので、大きいタツノオトシゴ用になります。早速購入して餌になるか試してみました。

冷凍 釣り用のアミエビ

☑ アミエビ(アミアミ・アミ)
サクラエビ科の列記としたエビである。色は赤くエビのプリプリの感があります。栄養満点で色揚げ効果にも期待できます。



・大きさ: 11~30mm
・生息地: 殆どが海洋性で、日本では秋田県以南、ベトナム、中国、黄海など
・利 用: 朝鮮キムチの風味付けにアキアミの塩辛で利用や、釣り餌や養殖魚の飼料

アミエビをほおばるタツノオトシゴ


栄養は、DHA 6.3 %、EPA 11.9 %等を含むオメガ3系脂肪酸(合計)25.6 %があることと、色揚げ効果のある橙色成分β-カロテンが含まれていいます。栄養価は、申し分のないエサです。

難点は臭いことです。最初は水が汚れるので、一度軽く水洗いをして冷凍して保存していましたが、今では小さい塊にして洗わずに与えています。ホワイトシュリンプやブラインシュリンプに比べると数倍大きいので、7cm位の大きさでも食べるのに苦労しています。包丁で刻んでから冷凍するといいです。

また、喰いつきは、冷凍ブラインシュリンプや冷凍ブラインシュリンプと比較するとよくないので、両方を与えることにしています。

早速、アミエビを10cm強のゼブラスナウトシーホースに与えてみると、近づいてついばんでいる。大きなものも何度かついばんで食べているので、問題なさそうである。只、7cm程のカリビアンシーホースは、小さいものを選んで食べていました。10~15cm程あるクロウミウマは、よく食べてくれます。一方で(和名)タツノオトシゴやヨウジウオは食べてくれません。

実際のエサ代は、ホワイトシュリンプでタツノオトシゴ2~3匹の場合、600円/月程度になるので、金額的には大したことありません。でもブリードする場合や、タツノオトシゴとの混泳が可能なマンダリンシュリンプ(ニシキデグリ)を飼育する時に、安価なアミエビが重宝されます。

❖  生シラス(シロメ)を試す
タツノオトシゴは、釜揚げシラスや、ちりめんじゃこを食べません。但し4月~6月、9月~10月にスーパーの鮮魚コーナーに陳列されている生シラスなら食べてくれます。価格はアミエビの2倍以上しますが、東海地区で釣りの撒き餌として売られているシロメ(冷凍生シラス)を使えば安く購入できます。また少々割高になりますが、通販でも生シラスを手に入れることができます。

生シラスは大きいもので1cm程あるので、包丁で切って与えれば食べてくれます。但し、毎日与えると食べなくなるので、アミエビやホワイトシュリンプ等と一緒に与えたり、入れ替えています。また、ワイルドのタツノオトシゴやヒメタツは、1か月生シラスを程与えましたが、食べてくれませんでした。

生シラスのメリットは、アミエビは体内の酵素の臭いがきついので、安価なエサとして代用できることと、食用生シラスを購入した時に余った分を冷凍して与えるとことで経済的なことです。また、栄養価としてもアミエビに並んで高いのも特徴です。

ホワイトシュリンプやブラインシュリンプだけでは、なぜか一回の抱卵数が少なくなる傾向があります。一方で生きたイサザアミを与えれば一回の抱卵数が多くなることかが知られています。自宅では、生きたヨコエビや自宅で飼育したブラインシュリンプを与えていますが手間が掛かります。アミエビや生シラスの栄養は、生餌にも負けないので長期飼育のためには是非与えるべきエサではないでしょうか。

★ エサの喰いつき表

種 類 冷凍ホワイトシュリンプ 冷凍ブラインシュリンプ 生シラス アミエビ
カリビアンシーホース
ゼブラスナウトシーホース
クロウミウマ
シーポニー
タツノオトシゴ/ヒメタツ
※ ワイルド


★ 喰いつきの良いエサの順位

1位 生きたブラインシュリンプ(自宅培養)
理由: 最も食いつきがいい。ブラインシュリンプにはナンノクロロプシスを与えているので栄養価(タツノオトシゴに必須のDHA/EPA)が高い。ブラインシュリンプはバケツ2杯で飼育しているが、成長するまで2~3週間必要。ブラインシュリンプを沢山育てるのは、手間が掛かるので現実的でないかも

2位 生きイサザアミ(シーホースウェイズより購入)
理由: 食いつきがいい。販売時期が限られている

3位 生きヨコエビ(アクアファームより購入)
理由: 少し大きいが、水槽内で長期飼育が可能なため、定期的にエサを与えなくていい

4位 冷凍イサザアミ(シーホースウェイズより購入)
理由: 冷凍のエサであるが、生イサザアミ近い色をしている

5位 冷凍ブラインシュリンプ
理由: ブラインシュリンプには、色揚げ成分(天然の赤いカロチノイド※一種アスタキサンチン)が入っている。食いつきがいい。キョーリンの製品はDHA/EPAが含まれているので、最も使っている

6位 冷凍クリーンホワイトシュリンプ(キョーリン)
理由: 最もポピュラーでリーズナブルな餌である

7位 アミエビ(魚釣用)
理由: サイズが大きくて食いつきがよくないかも?。最初はよく食べてくれましたが、そのうちあまり食べなくなりました。1Kg 300円程度

8位 生シラス(食用・魚釣用)
理由: 手に入り難いことと、食いつきは今一かも?。自宅で生シラス丼をした時の余りを冷凍して与えると経済的。最初はよく食べてくれる

他のネットでは、タツノオトシゴ死亡の原因として一番考えられることは、餌を食べずに餓死することと言われていますが、ブリードの場合は冷凍ホワイトシュリンプは食べてくれるので餓死することはありません。食欲がない時で水槽の水が中性に傾いている時は、pHを上げる(pH8.2~8.5)と食欲がでてきます。pHを上げる方法は、こちらのブログ(サンゴ(LPS)の共肉が、しぼむ原因はリン酸塩?)をご参照下さい。

タツノオトシゴは、水質が悪化すると皮膚が剥ける病気になります。調子が悪い時は、面倒ですが、水槽の砂を洗っうことで改善します。また、美観を損ないますが底砂をなくすことも一つの方法です。タツノオトシゴは、生エサしか食べないので水質悪化が一番の死亡原因です。

今の環境は、タツノオトシゴ(ゼブラスナウトと、カリビアン)の3匹飼育と、マンダリンシュリンプ3匹と及び、サンゴを飼育している。アミエビを沢山与えて余った時は、マンダリンシュリンプの出番である。マンダリンシュリンプはおっとりしているので、タツノオトシゴの混泳にピッタリのパートナーです。

費用と安定供給を考えると、主に冷凍ブラインシュリンプと、冷凍ホワイトシュリンプ、アミエビ、生シラス、自宅で飼育したブラインシュリンプになります。タツノオトシゴが大きくなると、エサ代を安くするために冷凍アミエビ(生しらす)は欠かせません。

☑ おまけ動画
冷凍イサザアミを与えている動画です。最近通販で購入したカリビアンですが、よく食べてくれません。(エサの与え過ぎです)ご参考まで。