タツノオトシゴの幼魚のオスメス

タツノオトシゴの成魚のオスメスの判断は容易です。オスのお腹に育児嚢(いくじのう)と言う袋があります。しかし幼魚の時は、 育児嚢 がなく全部がメスのように見えます。少し大きくなった頃にオスメスを見分ける方法は、尾にある筋を見て判断することができます。

タツノオトシゴの幼魚のオスメス
ある程度、大きくなればオスは育児嚢になるところが筋状の模様が出てきます。下の写真の真ん中のタツノオトシゴは、オスとしていますが、お腹が丸くないのでメスかも知れません。「左はメスと、右はオス」は間違いないと思います。

〇のところをよく見ると、オスには育児嚢 に発達する筋状の模様があります

少し写真では分かりにくいのですが、若干暗い色になっています。他の見分け方は、お腹の下が滑らかなのはオス、しっぽの近くでお腹が落ち込んでいるのがメスです。ペットショップで購入する時に小さいとオスメスの指定なしと言われることがあります。繁殖を考えていると早く、オスなのかメスなのかを知りたいものです。メスと思っていた個体が成長するとオスだったと思うことがよくあります。幼魚の時は、全部メスに見えます。

※ 真ん中の写真は、一か月経過したら結局オスでした。

タツノオトシゴは、メスが卵をオスの袋(オスは育児嚢)に産み付けます。オスは、卵が稚魚になるまで守っています。タツノオトシゴは、野生では夜行性で夜にプランクトンや、ヨコエビを食べています。不安定なのですが立って泳ぐのは、魚の口に入りにくいように進化したと言われています。タツノオトシゴには意外と天敵はいないようなので、卵をオスが守るのは理にかなっているように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA